旭南高砂堂日記 by 店主
秋田の和洋菓子店、「旭南高砂堂」店主 塚本 タカシ のブログ 旭南高砂堂のお菓子のことや、日々のいろんなことをお話しします。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2017/04/12(水)   CATEGORY: おしらせ
だるまさんのお祭り



今日と明日がだるまさんのお祭りなのだそうです。
大町にある「星辻神社」のお祭り。


幼稚園に入るまでは通り町に住んでいたので、なじみ深いお祭りです。

大小、たくさんのだるまさんが売られています。
火伏のお祭り。

昔よりも出店が少なくなってきたようですが、風情があります。

懐かしいので行ってみようと思います。

近くの本家に車を置かせてもらって。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2017/03/28(火)   CATEGORY: 未分類
桜まつり
ただいま旭南高砂堂では桜まつりを開催中

桜のジャージープリン、桜どらやき、桜パウンド桜道明寺、その他にも数々の桜スイーツをご用意しています。
桜どらやき(桜葉のみじん切りと大手亡かのこの入った餡)




桜道明寺(中はこしあん。桜花塩漬けをトッピング)





桜モンブラン。(桜味のフィナンシェを土台に。イチゴパウダーで仕上げています。)





桜ジャージープリン(さくら風味のジャージープリン。表層には桜のゼリー)

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2017/02/19(日)   CATEGORY: 未分類
実はみんな知らない?応仁の乱。
戦国時代の始まりは、「応仁の乱」だという説が有力のようで、私もそう思っていました。

室町幕府は成り立ちから不安定だったとか。

しかし、実のところはよく理解していません。いまさら誰かに聞くのもなぁ。。。。。。

と思っていたら、そういう人ってけっこうたくさんいるんだな、ということを感じました。

新聞に大手書店の売上ランキングが載っていて、この本が上位に居ました。

なぁんだ、みんな知らないんだ、、、、、

ということでポチッとしました。




[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2017/02/14(火)   CATEGORY: 商品紹介
バンブー
バンブー

カカオマス入りの少し固めのスポンジに、コガシミツ入りの生クリーム、真ん中にバナナ。

斜めに切った感じが、竹。和風な感じもします。

一世を風靡したケーキを復活させました。


スポンジを焼く際、最後に粉糖をかけて風情をだすのですが、湿気を受けて時間が経つと溶けた感じになっていました。
確か、それで製造を止めた記憶があります。

時間が経っても粉糖が溶けにくい製法を見つけたので再開しました。




少しパリッ!とした感じの「皮」が特徴です。

¥285(税込)です。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2017/02/09(木)   CATEGORY: わたくしごと
ゆったり靴下
ゆったり靴下

特に冬になると、靴下のゴムで締め付けられて痒くなったりします。

ゆるいゴムの靴下、重宝しています。

古くなったユルユルの感じではなく、ちょっと弱いゴムという感覚。

昨日は二足買いました。

普通のサイズと、長いサイズがあったので試しに両方購入。

帰りにちょっとコーヒーでも飲むか、と思い売場の女性に 「この中でコーヒーを飲めるところありますか?」

と聞いたところ、ミスドやモスを紹介されました。

なんとなく本屋のある3Fに上がったところ、コーヒーの自動販売機がありました。

ちゃんと豆を挽いて淹れる自動販売機。

¥100だったので、それにすることにしました。

椅子、テーブルもあったし。充分。

鞄に入っていた「村上海賊の娘Ⅱ」を取り出して読みました。私は文庫本は「帯」をつけたままで、けっこう大事に
扱います。新品同様です。

ふと売り場を見ると、そばに「村上海賊の娘」コーナーがありました。

そこから持ってきたものではないか?と疑われることを少々恐れながら読んでいましたが、大丈夫でした。

そばには、いい年をしてゲーム機で遊んでいる、私と同年代の男性がいました。

外は寒くても、ああやってのんびりできる場所があるって、すごいことだと思った約20分でした。





[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 旭南高砂堂日記 by 店主. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。